スポンサードリンク


マレーシアの行政新首都『プトラジャヤ観光』

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

サッワディーカップ
プトラモスクをたっぷりと見学した後は美しい街並みを見学しに行きます.
インド系のドライバーさん、丁寧にプトラジャヤに付いて話してくれました.
ガイド兼ドライバーですね

プトラジャヤ(Putrajaya)はマレーシアの行政新首都として開発中の連邦直轄領で、
首都クアラルンプールの南方約25kmに位置する。人口はおよそ7万人(2010年).
ほとんどが政府機関で働く職員とその家族である.

前首相マハティールの提唱により、1990年代半ばから開発が着手された.
首都機能のプトラジャヤへの移転はあるものの、
マレーシアの首都はクアラルンプールのままであり、国会もクアラルンプールにある.

市名のプトラジャヤは初代首相の
トゥンク・アブドゥル・ラーマン(Tunku Abdul Rahman Putra)にちなんでいる.
putraはマレー語で「王子」を意味し、jayaは「勝利」を意味している.
なお、中国語では布城と表記(読みはブーチェン).

Wikipediaより』

ピンクモスクのお隣のにあある総理府(Perdana Putra)へ.
とても迫力満点、何とも堂々たる建物です.

「ここは人気の写真スポット、降りて撮った方が良い 」っと熱かったです

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

クアラルンプール市内と空港の間に位置するプトラジャヤ
プトラ=王子、ジャヤ=勝利の意味らしいです.
この街並みはマレーシアで一番美しい場所として大人気です.
行政都市の美しさを1度味わおうっとたくさんの観光客がやって来ます.

プレシント1と呼ばれる住所には各省庁が集合しています
ここが一番の観光エリアらしいです.

上座に堂々と位置するのは総理府(Perdana Putra)
ムスリム国家を象徴する素晴らしい場所ですね.

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

記念に車も撮りました
プトラジャヤ観光はTAXIチャーターがおススメですよ.
1時間約800バーツ前後(2500円)です.
3,4時間ほどでメインの観光スポットは周れるらしいです.

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

マレーシアの国旗が多くてビックリでした
道路もとても綺麗です.
きちんと考えられている道路ですね.
タイとは全く違いますね.
安全運転、モラルのあるマレーシア人、素敵ですね

なぜタイ人はタイ人なのでしょうか?(笑)
タイ人のドライバー、なぜスタンダードが低いのでしょうか?
本当に可愛そうになります.

っとまたまた比べてしまうのです.

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

プトラモスク、綺麗です
プトラレイククルーズも楽しむ事が出来ますよ.

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

裁判所『イスタナ ケハキマン (連邦裁判所)』に到着です
建物の形が独特ですね.
真っ白で美しいです.

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

ゴミを捨てたりしたら罰金ですよ っとドライバーさんの一言.
タバコを吸って歩いたり、唾を吐くのもダメらしいです
本当に綺麗です.
全くプーケット島と違って臭くありません.

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

Perbadanan Putrajaya
素晴らしいですね.

200㎜欲しいな~っとこの時に思いました
70㎜~200㎜、F2,8で約26万円なり.
レンズ、高いですね

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

この道が大統領官邸まで続くらしいです.
橋の途中で車を停めてくれるドライバーさん.
とても親切な方でした

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

高いビルです
マレーシアの国旗が掛かっています.

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

本当にゴミ、落ちていないね~っと
確かに綺麗でした.
そして本当に臭くありません(笑)

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

PICC『プトラジャヤインナーナショナルコンベンションセンター』から見る景色です.

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

「クアラルンプールより素敵なところです」っと熱く語ってくれました

プトラモスク シャングリラホテルプトラジャヤ

そしてこちらがスチールモスク、プトラモスクと同じぐらい有名らしいです.
ピンクモスクに負けないぐらいの美しさでした.

2012年10月シャングリラホテルクアラルンプール旅行記♪

2013年1月シャングリラホテルクアラルンプール旅行記♪

2013年10月シャングリラホテルクアラルンプール旅行記♪

2014年7月シャングリラホテルクアラルンプール旅行記♪




スポンサードリンク



関連記事

0 Comments

Leave a comment